MENU

少年剣道・上達プログラムDVDの中身(収録内容)

柏武道館館長 教士八段 菅野豪監修の少年剣道・上達プログラムを購入したのでDVDの中身をレビューしたいと思います。
この教材では最初に必ず身につけておかなければいけない、剣道の着装や礼法、構え方などの基本から技のコツ、練習方法など、剣道が上達し強くなるための知識が一通り網羅してあります。

 

剣道DVD

 

以下が、少年剣道・上達プログラムDVD2枚組の中身(収録内容)です。

 

DVD1
●剣道着・袴の着装
●胴・垂の着装

垂れの着装

●面・小手の着装

●竹刀の名称と扱い方
●礼法
●姿勢・構え方・納め方
●足さばき
●素振り
●掛け声(気合)
●間合い
●打突の仕方、打たせ方及び受け方
●体当たり
●鍔ぜり合い

鍔ぜり合い

●切り返し

 

DVD2
●残身
●攻め合い
●仕掛け技
・一本打ち
・連続技
・払い技
・巻き技
・出ばな技
・引き技
・かつぎ技
●応じ技

出ばな技

・抜き技

・すりあげ技
・返し技
・打ち落とし技
●基本稽古
●引き立て稽古
●試合稽古
●伸び悩む子供たちへの指導について
●子供たちを応援するご両親へ

 

DVDを実際に見た感想

まず第一に言えるのは、小学生の子供の実演で菅野先生が説明されているのでとても分かりやすいということでしょうね。
最近は市販でDVDで付きの解説本などもありますが、ここまで丁寧に解説してあるのはないように思います。

 

 

映像も高画質画像なので、見にくいといったところもなく、上手くなるポイントやコツが押さえてあるので、道場で練習したあとに自宅で見て悪い癖や間違ったところを直したり、自宅で自主練するにはもってこいなのかなと。

 

 

何より、剣道は基本的に、相手の面、小手、胴、突きの何処かを正しく打つことで一本がとれます。
突きは小学生や中学生では試合では禁止になっていますが、小学生の頃に形はしっかり覚えておくことは必要はあると思います。
というのも相手の中心を取るには有効な技になるからです。

 

 

そのあたりも詳しく解説してあります。
最初から見てもいいですし、自分が苦手なことや分からないといった項目からピックアップするのもいいように思いました。(*^-^*)

 

 

特に、良かったのは連続技など仕掛け技や応じ技の項目です。
小学生の子供が実演でやっているので、自分との違いなどもよりはっきりわかるのかなと思います。
剣道は難しいように感じている人も多いですが、最初に正しい基本をしっかり身につけ、悪い癖などを修正しながら継続することで力がついてきますからね。(*^-^*)

 

 

ただ、もうちょっと実践的な攻めなどについて詳しく解説してあったら尚良かったと思いました。
とはいえ、小学生のうちは、正しく打つということをしっかり身につけておくことが必要でしょう。

 

剣道が上達しないで悩んでいる子供が多い

子供たちの中には、剣道がなかなか上達しないために、試合に勝てず悩んでいる子供も少なくなく、自分では一生懸命にやっているつもりでも、結果が出ないということも多いです。

 

 

そういう子供はやはり基本がしっかり出来ていないことが少なくないからです。
剣道の上達の近道はやはり正しい基本を繰り返す以外にないんでしょうね。
一回ごとの練習を大事に、ただ教わるだけではなく、自分で学んでいく姿勢を持つことが大事だと思います。

 

 

これは剣道に限らす、全てにいえることでしょう。
そういう姿勢で剣道している人はみな強くなっていると思います。

 

 

更に、この剣道DVDの特徴として、少年。少女剣士に焦点を当てて、指導者の方の練習方法においての考え方や親御さんの子供への接し方なども紹介してあるのも良かったです。('ω')ノ

 

 

≫少年剣道上達プログラムの詳細を見てみる