MENU

切り返しの指導について

剣道の切り返しの指導はどのように行っていますか?
切り返しは、正面打ちと体当たり、連続の左右面打ちを組み合わせた基本動作の総合的な稽古法ですね。

 

サックス吹く

 

ですが、最近の子供たちの稽古を見ていると、初歩的な段階のゆっくりとした切り返しを行っていることが多いように感じます。
最初の頃は、初心者だから正しい打突を心掛けて行っているのだろうと思っていましたが、どうもそうではないようです。

 

 

というのも、少年錬成大会などで練習しているのをよく観察してみると、やはりまっすぐゆっくりと正面打ちをしていたり、ゆっくり左右打ちをしているチームなど様々です。

 

 

試合の勝ち負けだけを重んじたことの反省から、基本の大きく強く正しく行うということに立ち返るようになったのでしょう。
特に少年大会においては切り返しと打ち込みの判定試合を取り入れるようになって久しいです。

 

 

ですが、現在行っている切り替えしの稽古法は、本来あるべきものとは似て非なるものではないかと思うのです。
確かに以前から正しく行われていなかったりと、軽んじる傾向が以前がありました。

 

 

そうしたことから判定試合に導入するようになったことは理解できますが、問題は指導者が子供たちにどのように伝え指導しているかです。
原点に立ち返り、基本を見直すことはとても大切なことですが、だからと言って誰もがそうした切り返しをやらせている指導者の姿勢はどうかな?と思います。

 

 

初歩の段階でなら、ゆっくりと正しくというのは決して間違ってはいませんが、徐々に鋭く、速く全身を使った気のこもった激しい切り返しの稽古をするならまだしも、始めから終わりまでゆっくりでは、それ以上の進歩がなくなってしまいます。

 

 

やはり、子供のそれぞれの力量に応じた段階的な指導を行うことが大切になり、そうすることで稽古の効果を十分に期待でき、試合でも結果を残せるようになると思うのです。